腕時計でも買おうかな。

私、48歳男性です。食品メーカーで営業の仕事をしております。
営業の仕事なので当然、アポイントをとり取引先を訪問したりしますので常に時間を気にしながら行動をしています。
腕時計をはめた左手をいつも気にしながら電車に乗ったり・・・というのが一昔前の営業マンだったと思いますが実は現在自分は腕時計を一本も持っていません。
持っていないので当然普段腕時計なしの生活をしております。
じゃあ外で時間を見るのにどうするのかといえば、言うまでもなくスマホで時間の確認をしています。
現代では腕時計がなくてもなんとかなりますが携帯電話なしではなんともなりません。
しかし、つい先日私が腕時計をしていないということに気づいたとある取引先の方からこんなことを言われました。
君は腕時計なしで例えば取引先での商談が長引き次のアポイントの時間が迫ってきたりしたら困らないのかね?と。
商談中に携帯で時間確認なんて相手に失礼だよと。
自分は即座にいやそういう場合は訪問先の壁にある時計を探して時間を把握しますと強がって答えました。
が、しかし確かにその方の言われることにも一理あるなと後々感じてきました、訪問先の壁の時計が必ず見える保障はないですし場合によっては壁に時計がないかもしいれない。
商談が思った以上に長引きその後の行動が押してしまうことなど今までもたびたびありました。
その話のあとからでしょうかなんとなくですが腕時計でも買おうかなと思い始めたのは。
もともと大学卒業後最初の勤務先は地元のデパートでした、しかも外商部というお金持ちを相手に商売をする部署にも在籍経験があるので高級腕時計などの知識も若干持ち合わせています、もう20年も前の話ですけどロレックスはもちろんですが、パテイックフィリップやバセロンコンスタンチンなど庶民にはとても手が出せない、いやお目にかかるのも恐れ多いようなブランドの時計を扱わせてもらったりして実は人一倍時計への興味はあったのです。
そしていざこの年齢になっていざ時計を一本と思い何が今の自分に最もふさわしいのかを日々考えてネットサーフィンをする毎日です。
自分の左腕に新しい時計が巻かれるのもそう遠くないことだと思います。